ガラス屋の取り扱っているガラスをチェック

ガラス屋さんで扱っているガラスの種類

ガラス屋で取り扱われているガラスにはさまざまな種類が存在しており、それぞれのガラスは違った特徴を持っています。まずはここでガラス屋の取り扱っているガラスの種類を確認し、それぞれの住宅に適したガラスを見つけておきましょう。

当日対応可能なガラスの種類はこれです!

強化ガラス
強化ガラスは一般的なフロート板ガラスを加熱した後、急冷することで作られます。こうして作られた強化ガラスの表面には圧縮応力が発生し、ガラスの内部には引っ張り応力層が生じることでガラスは割れにくくなります。また強化ガラスは万が一破損してしまっても破片が粒上に変形するため、怪我をする可能性がとても少ないです。
防犯ガラス
防犯ガラスは防犯中間膜を二枚のガラスで挟んだ構造をしており、耐久性が高いため住宅の防犯効果を高めるのにとても最適です。ガラスに穴を開けるまでの時間がとても長いため、設置しておくだけで住宅に空き巣や泥棒が入るのを防ぐことができます。最近は公共施設だけでなく、一般住宅にも導入されるようになっているようです。
網入りガラス
網入りガラスは中に金網が入っているガラスであり、防火性に優れているのが大きな特徴です。金網が入っているため耐久性が高いように感じられますが、実際の強度はフロート板ガラスよりも低くなります。万が一ガラスが割れても破片が飛散しにくく火災防止にとても有効なため、防火扉などの設備に使用されることが多いです。
窓

このようにガラス屋で取り扱われているガラスにはいろいろな種類があるので、ガラス屋に窓ガラスの修理を依頼する際は住宅に適したガラスを選択するのが最適です。ガラス選びに悩む場合は、店舗に相談を申し込んでみましょう。

TOPボタン